カノンとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

カノン

「宗教のカノンの意味」などのように使う「カノン」という言葉。

英語では「canon」と表記します。

「カノン」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「カノン」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

カノンの意味

「カノン」には次の三つの意味があります。

1 キリスト教の教理典範。教会法。また、聖書の正典。
2 ある声部の旋律を、他の音部がそのまま忠実に模倣しながら追いかけていく、対位法的な楽曲形式、または楽曲。追復曲。
3 美術用語で、基準・標準の意。特に、古代ギリシャの理想的な人体(出典:デジタル大辞泉)

それぞれの意味、使い方、類語については下記の通りです。

カノンの意味①「キリスト教の教理典範。教会法。また、聖書の正典。」

「カノン」の一つ目の意味は「キリスト教の教理典範。教会法。また、聖書の正典。」です。

カノンを分かり易く言うと、キリスト教の事を記した書物です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・そのことはカノンに記されている。

・宗教のカノンの意味に準じ、それから転じて、様々なものがカノンと呼ばれている。

・そして今日では、20世紀ヨーロッパ文学のカノンの一部と見なされている。

カノンの意味②「ある声部の旋律を、他の音部がそのまま忠実に模倣しながら追いかけていく、対位法的な楽曲形式、または楽曲。追復曲。」

「カノン」の二つ目の意味は「ある声部の旋律を、他の音部がそのまま忠実に模倣しながら追いかけていく、対位法的な楽曲形式、または楽曲。追復曲。」です。

カノンは音楽用語の1つでその楽曲形式、楽曲、追復曲の事を示しています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・友人の家族の死を悼むような、静かな沈んだ調子で、耳の奥でカノンが鳴った。
(出典:篠田節子『カノン』)

・主題再現部はカノンを採用しており、作者が晩年に理知的な作曲態度を取ったと評されている。

・展開部ではまず第1主題のバスの音型がカノン風に処理される。

カノンの意味③「美術用語で、基準・標準の意。特に、古代ギリシャの理想的な人体」

「カノン」の三つ目の意味は「美術用語で、基準・標準の意。特に、古代ギリシャの理想的な人体」です。

カノンは「規準」を意味するギリシア語に由来し、人体比例(プロポーション)のことを示しています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・この絵はカノンをベースに描かれている。

・フレーズの輪郭がはっきりしており、またカノンを作るのにも適した構造をしている。

タイトルとURLをコピーしました