オーバーホールとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

オーバーホール

「エンジンのオーバーホールを行う。」などのように使う「オーバーホール」という言葉。

英語では「overhaul」と表記します。

「オーバーホール」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「オーバーホール」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

オーバーホールの意味

「オーバーホール」には次の意味があります。

・機械などを分解して点検や修理を行うこと。(出典:デジタル大辞泉)

「オーバーホール」は、「over-: 隅々まで」「haul: 引っ張る」の意味です。そこから、「分解して点検や修理を行うこと」という意味ができました。ここでの「ホール」は「hole: 穴」ではありません。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

オーバーホールもとっくに受けているはずだったとも聞きました。調べていれば、ずれがわかって修正されていたでしょう。
(出典:アン・マキャフリイ『クリスタル・シンガー(全2巻) 2 キラシャンドラ』)

・三十数年間、オーバーホールなしで使い続けてきた魂である。きっと天ぷら油やなんかで、ベタベタに汚れ切っているに違いない。
(出典:東海林さだお『ショージ君のぐうたら旅行』)

・月に不時着したのは機械の故障が原因でした。宇宙船のオーバーホールなどもうやっていなかったのですよ。ちょっとした故障なんだが、船に代替部品がない。
(出典:K.H.シェール,クラーク・ダールトン/松谷健二訳『宇宙英雄ローダン・シリーズ 1 大宇宙を継ぐ者』)

・損傷は相当なものだった。いずれきちんとしたドックに運んで、オーバーホールするしかない。
(出典:野尻抱介『クレギオン 5 タリファの子守歌』)

・それ以来父は、いつでもこの時計をして「ちっとも狂わない」と甚だ感にたえたように言い言いした。そうして、何年かに一度ずつ代理店に持っていって、オーバーホールをしては大事に大事に使った。
(出典:林望『テーブルの雲』)

類語

点検(てんけん)
意味:一つ一つをくわしく調べること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・修理(しゅうり)
意味:こわれた所や悪い所をつくろいなおすこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・メンテナンス(maintenance)
意味:維持。保全。保守。管理。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました