オリエンタルとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

オリエンタル

「オリエンタルな雰囲気」などのように使う「オリエンタル」という言葉。

英語では「oriental」と表記します。

「オリエンタル」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「オリエンタル」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

オリエンタルの意味

「オリエンタル」には次の意味があります。

東洋的。東洋風。語素として外来語の前に付けても用いられ、「東洋の」の意を表わす。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「オリエンタルな雰囲気」で「東洋的な雰囲気」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・姉は漆黒の瞳と濡れた黒猫のような艶やかな髪が印象的な、オリエンタルな美人だった。
(出典:桜庭一樹『GOSICK 第3巻』)

・この町には一軒だけオリエンタルの材料を売る店があり、大学教授の夫人である日本人が経営しているところといわれていた。
(出典:本間千枝子『アメリカの食卓』)

・クレオパトラのようなヘア・スタイルと、象牙のような色の白粉を使った化粧法によって、謎めいたオリエンタル調をひけらかせている。
(出典:大藪春彦『黒豹の鎮魂歌 第一部』)

・音楽がオリエンタルムードになっていきます。
(出典:淀川長治『私の映画教室』)

・それはアンティークのオリエンタル・ランプで、ヒスイの豹がわきについていた。
(出典:タニス・リー『銀色の恋人』)

スポンサーリンク

類語

東洋(とうよう)
意味:アジア諸国の総称。特に、日本・中国・インドなどアジアの東部・南部をさす。(出典:デジタル大辞泉)

東方(とうほう)
意味:東の方。東の方面。(出典:大辞林 第三版)

エキゾチシズム
意味:外国の文物に憧れる気持。異国趣味。また、異国的な感じ。異国情緒。(出典:精選版 日本国語大辞典)

ジャポネズリ
意味:日本趣味。また、日本の美術品や骨董。(出典:大辞林 第三版)

シノワズリ
意味:中国風の美術工芸品。また、それらを珍重する、中国趣味。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました