オポチュニティとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

オポチュニティ

「オポチュニティレポート」などのように使う「オポチュニティ」という言葉。

英語では、「opportunity」と表記します。

「オポチュニティ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「オポチュニティ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

オポチュニティの意味

「オポチュニティ」には次の意味があります。

機会。好機。チャンス。(出典:デジタル大辞泉)

好機という意味ではチャンスと同じですが、オポチュニティは自分で手に入れた好機という場合で使われることが多いです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・好きなアニメのフォト・オポチュニティを楽しみにしている。

・長い時間をかけて準備をしてきたから、このオポチュニティを無駄にはしない。

・入社1年目の新人は、オポチュニティギャップに悩むことが多い。

類語

潮合い(しおあい)
意味:物事をするのによい時。(出典:デジタル大辞泉)

好機(こうき)
意味:物事をするのにちょうどよい機会。(出典:デジタル大辞泉)

機宜(きぎ)
意味:それをするのによい機会。(出典:デジタル大辞泉)

時宜(じぎ)
意味:時がちょうどよいこと。(出典:デジタル大辞泉)

チャンス
意味:物事をするのによい機会。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました