オペレーションとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

オペレーション

「オペレーションシステム」などのように使う「オペレーション」という言葉。

英語で「operation」と表記します。

「オペレーション」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「オペレーション」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

オペレーションの意味

「オペレーション」には次の意味があります。

機械などの操作。運転。(出典:デジタル大辞泉)

「オペレーション」を分かりやすくいうと「pcや道具を使うこと」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・おれは、あのひとにこの仕事のオペレーションをやって貰いたいんだよ。
(出典:深田祐介『炎熱商人(下)』)

・いいかね、今度のオペレーションには私たちの運命がかかっているんだ。
(出典:森村誠一『凶通項』)

・もともとこのオペレーションは君の協力なくしては出来ぬ業だ。
(出典:森村誠一『虚無の道標』)

・これまでに実行された、どのオペレーションよりも、その意味は重い。
(出典:高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ10 ダイロンの聖少女』より)

・彼女は最近、隣のオペレーションセンターに遅くまで閉じこもっている。
(出典:小林めぐみ『ねこのめ 第2巻 羅針盤の夢』)

類語

作業(さぎょう)
意味:体や頭脳を使って仕事をすること。また、その仕事。(出典:精選版 日本国語大辞典)

操業(そうぎょう)
意味:機械などを動かして作業をすること。(出典:デジタル大辞泉)

操作(そうさ)
意味:機械などをあやつって動かすこと。(出典:デジタル大辞泉)

運転(うんてん)
意味:大きな機械を作動させること。(出典:デジタル大辞泉)

作用(さよう)
意味:他のものに力を及ぼして影響を与えること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました