エリアとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

エリア

「サービスエリア」などのように使う「エリア」という言葉。

英語では「Area」と表記します。

「エリア」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「エリア」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

エリアの意味

「エリア」には次の意味があります。

区域。地域。地帯。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「サービスエリア」で「高速道路の、食堂やトイレなどの設備がある区域」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・つまり、同じエリアに展示されている絵のことを言っているのだろうか?
(出典:西尾維新『忘却探偵シリーズ 2 掟上今日子の推薦文』)

・だって、どのエリアに入っても、出るための橋があるということだから。
(出典:万城目学『ホルモー六景』)

・私たちはどこまでもどこまでもフリー・エリアの遊歩道を歩いていった。
(出典:栗本薫『さらば銀河1』)

・誰かが立ち入りを許可されていないエリアへのアクセスを行ったのだ。
(出典:楡周平『マリア・プロジェクト』)

・たぶん、そこをエリアとして認識していなかった生徒が大半だったのだろう。
(出典:今野緒雪『マリア様がみてる 5 ウァレンティーヌスの贈り物(前編)』)

スポンサーリンク

類語

・領域(りょういき)
意味:(学問・研究などで)その専門とする範囲。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・部門(ぶもん)
意味:全体をいくつかに分けた一つの部分。(出典:デジタル大辞泉)

・フィールド
意味:学問などの領域。分野。(出典:精選版 日本国語大辞典)

・区域(くいき)
意味:くぎられた一定範囲の場所(出典:デジタル大辞泉)

・分野(ぶんや)
意味:人間の活動における、分化した一つの領域。物事のある方面・範囲。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました