ウェルネスとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ウェルネス

「身体のウェルネス」などのように使う「ウェルネス」という言葉。

英語では「wellness」と表記します。

「ウェルネス」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ウェルネス」の意味や使い方や類語について、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ウェルネスの意味

「ウェルネス」には次の意味があります。

・健康。積極的に心身の健康維持・増進を図ろうとする生活態度・行動。(出典:デジタル大辞泉)

アメリカのハルバート・ダン医師が1961年によって初めて提唱された言葉で、その意味は「輝くように生き生きしている状態」です。
近年では健康という意味を超えて、より広い概念と認識されています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・様々な業界がウェルネスに取り組んでいます。

ウェルネスライフとは、世界保健機関(WHO)が作った健康の定義のことを指しています。

・豊かな生活のための手段をヘルスとするのなら、ウェルネスは輝きのある人生のゴールに値する。

スポンサーリンク

類語

・健康(けんこう)
意味:体や心がすこやかで、悪いところのない・こと(さま)。医学では単に病気や虚弱でないというだけでなく、肉体的・精神的・社会的に調和のとれた良い状態にあることをいう。(出典:大辞林 第三版)

・フィットネス
意味:健康。また、健康や体力の維持・向上を目的として行う運動。(出典:デジタル大辞泉)

・健やか(すこやか)
意味:からだが丈夫で元気なさま。心身が健全であるさま。(出典:デジタル大辞泉)

・壮健(そうけん)
意味:健康で元気なこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

・調子(ちょうし)
意味:態度や口調にあらわれる気持ちや身体の具合。 (出典:大辞林 第三版)

タイトルとURLをコピーしました