ウィークポイントとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ウィークポイント

「私のウィークポイントは~」などのように使う「ウィークポイント」という言葉。

「ウィークポイント」は、英語では「weak point」と表記します。

「ウィークポイント」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ウィークポイント」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ウィークポイントの意味

「ウィークポイント」には次の意味があります。

(weak point) 弱点。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「ウィークポイント」をわかりやすく言うと「弱みや弱点」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・逆にウィークポイントを挙げるとすれば、やはり精神面ということになるだろうか。
(出典:誉田哲也『武士道シックスティーン』)

・首元にウィークポイントが設定されてるんだわ。
(出典:九里史生『SAO-Web-外伝4 絶剣』)

・野々山としては、早苗のウィークポイントをつかむ必要があったのだ。
(出典:勝目梓『夜のエージェント』)

・現在、我々に残された最大のウィークポイントは、心だ。
(出典:貴志祐介『天使の囀り』)

・言ってみれば会長派のウィークポイントなんですからね。
(出典:半村良『英雄伝説』)

スポンサーリンク

類語

弱み(よわみ)
意味:弱いこと。また、その程度。(出典:デジタル大辞泉)

弱点(じゃくてん)
意味:十分でない点。欠点。(出典:デジタル大辞泉)

欠点(けってん)
意味:不十分なところ。足りないところ。短所。あら。(出典:デジタル大辞泉)

短所(たんしょ)
意味:劣っているところ。(出典:デジタル大辞泉)

粗(あら)
意味:あらいこと。雑なこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました