ウィットとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ウィット

「ウィットに富む」などのように使う「ウィット」という言葉。

「ウィット」は、英語で「wit」と表記します。

「ウィット」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ウィット」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ウィットの意味

「ウィット」には次の意味があります。

その場に応じて気のきいたことを言ったりしたりする才知。機知。気転。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「ウィットに富む」で「気転が利く」という意味です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・もちまえのウィット精神で、うまくやってくれることを期待して。
(出典:西風隆介『神の系譜VI 竜の時間 神国』)

・ぼくがいうのもおかしいけど、母はなかなかウィットに富んだ性格だったんです。
(出典:藤原伊織『テロリストのパラソル』)

ウィットを効かせた名前は覚えにくいメールアドレスなどでも効果を発揮する。
(出典:藤原和博『自分「プレゼン」術』)

・アメリカ生活でしぜんに身についたウィットでもあったが、また本心でもあった。
(出典:星新一『人民は弱し 官吏は強し』)

類語

才知さいち
意味:才能と知恵。(出典:デジタル大辞泉)

知恵ちえ
意味:物事の道理を判断し処理していく心の働き。(出典:デジタル大辞泉)

気転きてん
意味:心の働かせかた。また、物事に応じてとっさに心が働くこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

ユーモア
意味:人の心を和ませるようなおかしみ。上品で、笑いを誘うしゃれ。(出典:デジタル大辞泉)

洒落しゃれ
意味: その場に興を添えるために言う滑稽な文句。(出典:精選版 日本国語大百科)

タイトルとURLをコピーしました