インフルエンサーとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

インフルエンサー

「話題のインフルエンサー」などのように使う「インフルエンサー」という言葉。

英語では「Influencer」と表記します。

「インフルエンサー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「インフルエンサー」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

インフルエンサーの意味

「インフルエンサー」には次の意味があります。

他に影響力のある人やもののこと。特に、インターネットの消費者発信型メディア(CGM)において他の消費者に大きな影響を与える人。(出典:デジタル大辞泉)

インフルエンサーという言葉は、SNSが流行しだした2007年ごろから使われるようになりました。インフルエンサーは、芸能人やスポーツ選手、SNS上で話題になっている人などのことを指し、発言に影響力を持ち、トレンドの中心的な存在となっています。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・話題のインフルエンサーが紹介した化粧品が品薄状態になっている。

・Instagramのフォロワーが100万人を超え、インフルエンサーとなった。

・新商品のテレビCMに今話題のインフルエンサーを起用する。

類語

影響えいきょう
意味:物事の力や作用が他のものにまで及ぶこと。(出典:デジタル大辞泉)

感化かんか
意味:考え方や行動に影響を与えて、自然にそれを変えさせること。(出典:デジタル大辞泉)

効果こうか
意味:ある働きかけによって現れる、望ましい結果。(出典:デジタル大辞泉)

カリスマ
意味:人々の心を引きつけるような強い魅力。また、それをもつ人。(出典:デジタル大辞泉)

人気者にんきもの
意味:人々によい感情を与えてもてはやされる人。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました