アーク溶接とは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

アーク溶接

多くの構造物を作る上で欠かせない技術に「溶接」があります。

ひと口にその「溶接」と言っても様々な種類が存在します。

この記事では「アーク溶接」の意味や使い方について、小説などの用例を紹介しながら、分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

アーク溶接の意味

アーク溶接には次の意味があります

アーク放電による高熱を利用した溶接法。溶接する金属材料(母材)と電極間とにアーク放電を行なわせ、金属材を溶かして溶接する。電弧溶接。(出典:精選版 日本国語大辞典)

使い方・例文

・日本では一年間に約3万5千台の産業用ロボットが新しく導入されているが、このうち6千台がスポット溶接、5千台がアーク溶接に使われると見られる。

アーク溶接で溶融している金属に大気が接すると、大量の窒素が金属の中に溶け込む。

・ガス溶接は、アーク溶接ほど閃光が激しくないので、作業時の装備は比較的軽いものとなる。

アーク溶接ロボットは建設機械や鉄骨フレームなどの溶接に広く使われている。(

・出方法は低温によるガスの液化法からそれほど改良されなかったが、生産は続けられた。当初は飛行船などの揚力ガス需要が中心だったが、第二次世界大戦中にはそれに加えアーク溶接用の需要が拡大した。

タイトルとURLをコピーしました