アロマとは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

アロマ

アロマセラピー」やコーヒーなどの「アロマ」となどと使われます。

日常でよく耳にする言葉ですが、どのような意味なのでしょうかなのでしょうか?

具体的な使い方や例文は以下の通りです。

この記事では「アロマ」の意味や使い方について、小説などの用例を紹介しながら、分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

アロマの意味

アロマには次の意味があります

香気。芳香。(出典:大辞林 第三版)

アロマ」は「様々な香りを個人的な趣向として楽しむ」というようなことを表します。

これらは、植物をはじめ動物由来の成分など様々なものが利用されています。

具体的な使い方や例文は以下の通りです。

使い方・例文

・ つい先ほど、スパイダーの部屋でかいだのと同じ鎮静効果のあるアロマだ。 (出典:石田衣良『反自殺クラブ 池袋ウエストゲートパーク5』)

・それは白木クリニックのロビーに漂っていたアロマと同じにおいだった。 四種類の精油をブレンドした院長オリジナルだ。(出典:石田衣良『反自殺クラブ 池袋ウエストゲートパーク5』)

・ベッドサイドにも、花の香りのアロマを置いているんだ。(出典:林真理子『美女入門』)

アロマの入浴剤やハーブティーが加わるようになったのだ。(出典:雀野日名子『トンコ』)

・芳醇なアロマ、力強いながらでしゃばらないフルボディ、とかなんとか書かれた説明を熱心に読みながら。(出典:荒俣宏『帝都物語2』)

タイトルとURLをコピーしました