アラフォーとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

アラフォー

「独身のままアラフォーになった」などのように使う「アラフォー」という言葉。

英語では「around forty」と表記します。

「アラフォー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「アラフォー」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

アラフォーの意味

「アラフォー」には次の意味があります。

40歳前後の人。
[補説]ファッション業界で使われていたアラサーをもじった語。もともとは1980年代半ばを高校・大学で過ごした40歳前後の女性をさした。平成20年(2008)に放送されたテレビ番組の題名から流行した語。
(出典:デジタル大辞泉)

他者に対して使用する際は多少侮蔑の意味が含まれ、自身に使用する際は自虐の意味を込められている場合がある。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・今、アラフォー達がバブルの頃の遊び場に戻ってるんだって。
(出典:橋部敦子(脚本)/豊田美加(ノベライズ)『Around40 ~注文の多いオンナたち~』)

・うらやましそうな顔のアラフォー三人に、奈央が言った。
(出典:橋部敦子(脚本)/豊田美加(ノベライズ)『Around40 ~注文の多いオンナたち~』)

・一足お先にアラフォーの世界で私の到着をお待ち下さいませ。
(出典:竹宮ゆゆこ『ゴールデンタイム 04巻 裏腹なる don’t look back』)

・だてにアラフォーなわけじゃない。
(出典:橋部敦子(脚本)/豊田美加(ノベライズ)『Around40 ~注文の多いオンナたち~』)

類語

四十路(よそじ)
意味:四〇歳。また、四〇年。よそとせ。(出典:精選版 日本国語大辞典)

四十歳(よそとせ)
意味: 四〇年。また、四〇歳。よそじ。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました