アラサーとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

アラサー

「アラサー世代」などのように使う「アラサー」という言葉。

「アラサー」は「アラウンドサーティー(around thirty)」の略語です。

「アラサー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「アラサー」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

アラサーの意味

「アラサー」には次の意味があります。

30歳前後の人。(出典:デジタル大辞泉)

「アラウンド(around)」は「周辺」、「サーティー(thirty)」は「30」を意味する英単語です。
「アラウンドサーティー(around thirty)」で「30歳前後」という意味になり、略して「アラサー」ということが多いです。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・聡子が見ているのは、奈央と高文の記事が載っている、例のアラサー雑誌だ。
(出典:橋部敦子(脚本)/豊田美加(ノベライズ)『Around40 ~注文の多いオンナたち~』)

・つまり今風に言うところのアラサー世代だと思っていたのだが、それよりは間違いなく若い。
(出典:西尾維新『憑物語』)

・いつの間にか結婚もせずアラサーになった。

・最近話題の女優がアラサー女性の役を演じることになった。

スポンサーリンク

類語

三十路(みそじ)
意味:三〇歳。(出典:大辞林 第三版)

四十路(よそじ)
意味:四〇歳。(出典:精選版 日本国語大辞典)

アラフォー
意味:40歳前後の人。(出典:デジタル大辞泉)

アラフィフ
意味:50歳前後の人。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました