アプローチとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

アプローチ

「アプローチをする」などのように使う「アプローチ」という言葉。

英語では「Approach」と表記します。

「アプローチ」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「アプローチ」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

アプローチの意味

「アプローチ」には次の意味があります。

近づくこと。接近。対象とするものに迫ること。(出典:デジタル大辞泉)

「アプローチ」を分かりやすく言うと「目的や対象物、人物に少しずつ近いていく」という意味があります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

アプローチの使い方・例文

・皇帝殺しとはまた違った、事務所解散に向けてのアプローチであり得る。
(出典:海原育人『ドラゴンキラー売ります』)

・放っておいても向こうから何らかのアプローチがあると思われます。
(出典:谷川流『涼宮ハルヒ特別編 「ハルヒ劇場 act2」』)

・そして井深さんに何回かアプローチしたが、相手にしてもらえなかった。
(出典:中川靖造『創造の人生 井深大』)

・次にここ数日来、イタリアから別のアプローチが連合国側になされているが?
(出典:木村裕主『ムッソリーニを逮捕せよ』)

類語

近接(きんせつ)
意味:近づくこと。近寄ること。(出典:デジタル大辞泉)

迫る(せまる)
意味:圧倒するような勢いで近づいてくる。押し寄せる。また、せり出している。(出典:デジタル大辞泉)

仕掛ける(しかける)
意味: 相手に対して、こちらから働きかける。相手が乗ってくるように扱う。仕向ける。(出典:デジタル大辞泉に)

近寄る(ちかよる)
意味: 近くに寄る。近づく。親しくなるようにする。(出典:デジタル大辞泉)

詰寄る(つめよる)
意味:相手近くに迫り寄る。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました