アブノーマルとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

アブノーマル

「アブノーマルな世界」などのように使う「アブノーマル」という言葉。

英語では、「abnormal」と表記します。

「アブノーマル」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「アブノーマル」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

アブノーマルの意味

「アブノーマル」には次の意味があります。

人や社会のありさまが正常でないさま。病的。変態的。(出典:精選版 日本国語大辞典)

アブノーマルの反対語は、「ノーマル」で普通という意味です。
つまり、「アブノーマル」は普通ではないさまを指します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・自分はノーマルであり世間の馬鹿者どもがアブノーマルだと信じている。
(出典:鮎川哲也『朱の絶筆』)

・僕たちだって易々とこういうアブノーマルな関係になったわけじゃない。
(出典:五百香ノエル『天秤座号殺人事件』)

・したがってこの衝動はアブノーマルなものだった。
(出典:ドイル/永井淳訳『毒ガス帯』)

・上半身はピラピラしたブラウスを着ているのに、下半身は丸出しというアブノーマルなものもある。
(出典:群ようこ『無印OL物語』)

・ながいあいだアブノーマル心理として、経験科学的心理学の対象外とされていた。
(出典:竹下節子『パリのマリア』)

類語

特異(とくい)
意味:特別に他とちがっていること。(出典:デジタル大辞泉)

変わり者(かわりもの)
意味:性質や言動などが、一般の人と違っている人。(出典:デジタル大辞泉)

常識外れ(じょうしきはずれ)
意味:考え方や行動などが、世間一般のものとかけ離れていること。(出典:デジタル大辞泉)

病的(びょうてき)
意味:肉体や精神が健全でないさま。(出典:精選版 日本国語大辞典)

異常(いじょう)
意味:普通と異なっていること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました