アスタリスクとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

アスタリスク

「アスタリスクをつける」などのように使う「アスタリスク」という言葉。

「アスタリスク」は、記号で「*」と表します。

「アスタリスク」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「アスタリスク」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

アスタリスクの意味

「アスタリスク」には次の意味があります。

星の形に似た記号「*」のこと。「スター」や「星印」とも呼ぶ。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

文字列の検索のワイルドカードや乗算(掛け算)記号として使われる事が多いです。
また記号の形から「星」の意味で使われることもあります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・わずかに残ったアスタリスク形の裂け目から、一瞬、まばゆい閃光が放射されたかと思うと、十数秒して、雷鳴のような衝撃音が地上に到達した。
(出典:山本弘『妖魔夜行 戦慄のミレニアム(下)』)

・言葉の全部が思い出せなかったのでワイルドカードとしてアスタリスクを使った。

スポンサーリンク

類語

星印(ほしじるし)
意味:星形のしるし。「★」「☆」などのしるし。(出典:デジタル大辞泉)

ワイルドカード
意味:文字列やファイル名などの検索に使用する特別な記号のこと(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

乗算(じょうざん)
意味:掛け算。乗法。(出典:大辞林 第三版)

注釈(注釈)
意味:語句の意味や用法を解説したり、補足的な説明を加えたりすること。また、その説明。(出典:デジタル大辞泉)

伏字(ふせじ)
意味:公刊の印刷物で,明白な表現を避けて,その部分を文字の代りに空白や〇や×で表現することをいう。(出典:世界大百科事典)

タイトルとURLをコピーしました