アクティビティーとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

アクティビティー

「旅先でのアクティビティープランを考える」などのように使う「アクティビティー」という言葉。

英語では「activity」と表記します。

「アクティビティー」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「アクティビティー」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

アクティビティーの意味

「アクティビティー」には次の意味があります。

活気。活動。特に、リゾート地などでのさまざまな遊びについていう。(出典:デジタル大辞泉)

「旅先でのアクティビティープランを考える」で、「旅行先でどんな遊びを楽しむかを考える」という意味になります。また、SNSで「アクティビティ」というと、自分のアカウントや投稿に関連するアクションの履歴などを確認できる機能を指します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・この海域は穏やかなので、シュノーケリングやダイビングなどのアクティビティーで人気がある。

・ツアーのオプションプランに、ガイドが同行するバードウォッチングのアクティビティーがあったので参加した。

・SNSでフォロワーが増えたのでアクティビティを確認した。

類語

活動(かつどう)
意味:活発に動くこと。ある動きや働きをすること。(出典:デジタル大辞泉)

活気(かっき)
意味:生き生きとした気分。生気。(出典:デジタル大辞泉)

レジャー
意味:仕事などから解放された自由な時間。余暇。また、それを利用してする娯楽や行楽。(出典:デジタル大辞泉)

遊ぶ(あそぶ)
意味:スポーツ・趣味など好きなことをして楽しい時間を過ごす。(出典:デジタル大辞泉)

行動(こうどう)
意味:あることを目的として、実際に何かをすること。行い。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました