アウトソーシングとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

アウトソーシング

「アウトソーシング先に業務を委託する。」などのように使う「アウトソーシング」という言葉。

英語では「outsourcing」と表記します。

「アウトソーシング」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「アウトソーシング」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

アウトソーシングの意味

「アウトソーシング」には次の意味があります。

社外から生産に必要な部品・製品を調達したり、業務の一部を一括して他企業に請け負わせる経営手法。社外調達。外部委託。(出典:デジタル大辞泉)

ビジネス用語で近年よく使用される場面があります。「アウト」=「外部」で「ソーシング」=「商品提供のための供給者選択の過程」と訳されます。これを簡潔に表現したものが「外部委託」といいます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

アウトソーシングなどから構成され、ハードウェアの売上を規模でも成長率でも上回るようになりました。
(出典:野中郁次郎/紺野登『知識経営のすすめ』)

アウトソーシング先に業務を委託する。

・近年は企業側も積極的にアウトソーシングを行っている。

・彼はアウトソーシング事業で成功を収めた。

・事業の一部をアウトソーシングする。

類語

・外注(がいちゅう)
意味:会社などで、仕事の一部を、外部に注文してさせること。(出典:デジタル大辞泉)

・外部委託(がいぶいたく)
意味:アウトソーシング(outsourcing)とは、企業や行政が執り行う業務の専門的な内容を外部の企業へ
委託する事をいいます。(出典:ビジネス用語集)

・業務委託(ぎょうむいたく)
意味:当事者の一方が、ある一定の仕事を相手方に依頼し、相手方が自己の裁量と責任においてその仕事を行うこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました