ぼちぼちとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ぼちぼち

「ぼちぼち出かけよう」などのように使う「ぼちぼち」という言葉。

「ぼちぼち」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ぼちぼち」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ぼちぼちの意味

「ぼちぼち」には次の意味があります。

ゆっくり物事にとりかかるさま。また、ある事態に近づくさま。そろそろ。(出典:デジタル大辞泉)

使い方としては、物事に取り掛かるという状況に使われることが多い言葉です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・捜査会議の開かれる部屋に、ぼちぼち捜査員たちが集まって来ている。
(出典:新津きよみ『招待客』)

・たっぷり遊んで、ぼちぼち学べばいい、という考えの子ども集団である。
(出典:灰谷健次郎『アメリカ嫌い』)

・あの坊主に言われなくてもぼちぼち潮時だと思っていたところだ。
(出典:松村栄子『雨にもまけず粗茶一服』)

・コーヒーを飲みながら、ぼちぼちと事件の話に入っていく。
(出典:有栖川有栖『ダリの繭』)

ぼちぼち教室に帰ってきた人たちも、なんだなんだって感じで、遠巻きにこっちを見てる。
(出典:誉田哲也『武士道セブンティーン』)

類語

ゆっくり
意味:時間的にゆとりがあるさま。(出典:デジタル大辞泉)

ぼつぼつ
意味:物事が徐々に進行するさま。(出典:デジタル大辞泉)

のんびり
意味:ゆったりとしてくつろいださま。(出典:デジタル大辞泉)

のんき
意味:性格や気分がのんびりとしていること。(出典:デジタル大辞泉)

のろのろ
意味:動きがにぶく、ゆっくりしているさま。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました