お茶を濁すとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

お茶を濁す

「当たり障りない言葉でお茶を濁す」などのように使う「お茶を濁す」という言葉。

「お茶を濁す」は、「おちゃをにごす」と読みます。

「お茶を濁す」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「お茶を濁す」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

お茶を濁すの意味

「お茶を濁す」には次の意味があります。

お茶の作法を深く知らない者が、そこそこに繕ってすることから、いい加減にその場を繕ってごまかすこと。(出典:デジタル大辞泉)

「お茶を濁す」をわかりやすくいうと、その場しのぎのために適当にごまかすという意味です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・だがとにかく今はこう答えてお茶を濁す以外にできることはない。
(出典:五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密(全16巻) 乃木坂春香の秘密 7』)

・何も話さずにお茶を濁すわけにもいかない。
(出典:原田宗典『東京困惑日記』)

・にわか勉強でなんでも、とにかくお茶を濁すよりほかはないのである。
(出典:中野好夫/安野光雅編『悪人礼賛 ―中野好夫エッセイ集』)

・曖昧にお茶を濁すという態度は通用しないのだろう。
(出典:月村奎『レジーデージー』)

・「そうだね」 といってお茶を濁す
(出典:群ようこ『無印結婚物語』)

類語

その場凌ぎ(そのばしのぎ)
意味:あとのことは考えずに、その場だけをとりつくろうこと。(出典:デジタル大辞泉)

有耶無耶(うやむや)
意味:物事がどうなのかはっきりしないこと。(出典:デジタル大辞泉)

ぬらりくらり
意味:態度などがはっきりせず、とらえどころのないさま。(出典:デジタル大辞泉)

煙に巻く(けむにまく)
意味:大げさに言いたてて、相手をまどわせる。(出典:精選版 日本国語大辞典)

誤魔化す(ごまかす)
意味:本心を見やぶられないように、話をそらしたり、でまかせを言ったりして、その場やうわべをとりつくろう。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました