PINとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

PIN

「PINコード」などのように使う「PIN」という言葉。

「PIN」は「Personal Identification Number」の略語です。

「PIN」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「PIN」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

PINの意味

「PIN」には次の意味があります。

暗号技術を用いて、利用者本人を確認し権限の正当性を証明する番号。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

「個人識別番号」や「個人認証番号」とも呼ばれます。
スマートフォンやパソコン、Wi-Fiなどの機器を使用する際に設定されている番号です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・Wi-Fiルーターをセットして、パソコン・スマートフォン・タブレットの順にIDとPINを打ち込んで繋いでいく。

・同封してある書類に書かれたPINに気付かなかった。

・PASSって書いてあったりPINって書いてあったり、最近の電子機器は英数字ばっかりで何がなんやら…。

スポンサーリンク

類語

パスワード
意味:コンピュータ・システムにおいてファイルの機密を保護するためユーザーに与えられる暗号。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

キー
意味:鍵。(出典:デジタル大辞泉)

暗号あんごう
意味:第三者に内容がわからないように意志をこっそり伝えるため、当事者間で取り決めた符号、または、方法。(出典:精選版 日本国語大辞典)

暗証番号あんしょうばんごう
意味:該当者か否かをコンピューターで照合するための暗証用の数字。(出典:デジタル大辞泉)

PINコード
意味:個人認証のためなどに用いられる番号、いわゆる暗証番号のこと。(出典:知恵蔵mini)

タイトルとURLをコピーしました