NSFWとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

NSFW

「Not Safe For Work」の略語である「NSFW」という言葉。

「NSFW」は、職場では見ない方がいいということを示す略語です。

「NSFW」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「NSFW」の意味や使い方や類語について、用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

NSFWの意味

「NSFW」には次の意味があります。

NSFWとは、英語圏で用いられるインターネットスラングで、「職場では見ない方がいい」(職場での閲覧は危険)という意味の略語である。日本語の「閲覧注意」におおむね相当する。(出典:IT用語バイナリ)

「NSFW」をわかりやすく言うと「閲覧注意」という意味になります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・このサイトは卑猥なのでNSFWだ。

・ゾーニングのためにNSFWのタグをつける。

・URLにNSFWと付けられていたので開くのをやめた。

・ツイッターでNSFWが目に入ったが手遅れだった。

・フォーマルな場ではNSFWがつけられるようなものを見るべきではない。

類語

閲覧注意(えつらんちゅうい)
意味:インターネット上でリンクを示す際、コンテンツの内容に過激な表現などが含まれるなどの理由であらかじめ注意を促す際の表現。(出典:実用日本語表現辞典)

注意喚起(ちゅういかんき)
意味:周囲の人や、組織・住民などのグループに対して、特定のことに関する注意を促すこと。(出典:実用日本語表現辞典)

喚起する(かんきする)
意味:呼び起こすこと。注意を促すこと。「注意喚起」などと使われる。(出典:実用日本語表現辞典)

注意を促す(ちゅういをうながす)
意味:気をつけるように呼びかけること。呼びかけて対象へ注意を向けること。(出典:実用日本語表現辞典)

声掛け(こえかけ)
意味:声を掛けること。挨拶をしたり安否を問うたりすること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました