LGBTとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

LGBT

「LGBTの方々により良い環境を。」などのように使う「LGBT」という言葉。

「LGBT」は「Lesbian, Gay, Bisexual, Transgender」の略語です。

「LGBT」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「LGBT」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

LGBTの意味

「LGBT」には次の意味があります。

「Lesbian」(レズビアン)、「Gay」(ゲイ)、「Bisexual」(バイセクシュアル)、「Transgender」(トランスジェンダー)の頭文字をとり、セクシュアル・マイノリティー(性的少数者)の一部の人々を指した総称。(出典:知恵蔵)

「レズビアン」は「女性同性愛者」、「ゲイ」は「男性同性愛者」、「バイセクシュアル」は「両性愛者」、「トランスジェンダー」は「出生時の性と自認する性が異なる者」と日本語では訳されます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

LGBTの方々により良い環境づくりを心掛ける。

・日本社会はLGBTへのサポートが求められる時代だ。

LGBTについての啓発のために全国で活動的にイベントを開催する。

LGBTのイメージカラーはレインボーだ。

LGBTのためのトイレがいくつかの学校内には数か所存在している。

類語

レズビアン
意味:女性を恋愛の対象とする女性のこと。(出典:百科事典マイペディア)

ゲイ
意味:同性愛者,とくに男性を恋愛の対象とする男性のこと。(出典:百科事典マイペディア)

バイセクシュアル
意味:異性にも同性にも性的な欲求をもつ人。(出典:デジタル大辞泉)

トランスジェンダー
意味:性的少数者のうち、心と体の性が一致しない人をさす。性同一性障害と診断されている人も含む。(出典:朝日新聞掲載「キーワード」)

性的マイノリティ(せいてきまいのりてぃ)
意味:性的少数者を総称することば。セクシュアル・マイノリティともいう。具体的には、同性愛者、両性愛者、非性愛者、無性愛者、全性愛者、性同一性障害者などが含まれる。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

タイトルとURLをコピーしました