JavaScriptとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

JavaScript

「JavaScriptを有効にする」などのように使う「JavaScript」という言葉。

「JavaScript」は、カタカナ読みで「ジャバスクリプト」と読みます。

「JavaScript」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「JavaScript」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

JavaScriptの意味

「JavaScript」には次の意味があります。

ネットスケープ・コミュニケーションズ社が開発したスクリプト言語。Webページにアニメーションなどの視覚効果を加えたり、メニューを表示するといったインタラクティブな要素を追加できる。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

「JavaScript」は当初「LiveScript」と呼ばれていましたが、のちに「JavaScript」に改名しました。コンパイルを必要とするプログラミング言語「Java」と混同されがちですが、「JavaScript」は1行ずつ翻訳していくインタプリタ言語です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

JavaScript を有効にする。
(出典:GOOGLEヘルプ)

JavaScriptの設定を確認したい。
(出典:auサポート)

JavaScriptはあまり「速い」言語ではない。
(出典:MILJS – 東京大学 先端科学技術研究センター 原田研究室)

JavaScriptが実行できるブラウザが必要です。
(出典:加藤之貴研究室 – 東京工業大学)

JavaScriptが無効に設定されている。
(出典:NTT西日本)

類語

Java(ジャバ)
意味:サン・マイクロ・システム社が開発したコンピュータ・プログラムのことで、ウェブページのアニメーションをブラウザに表示することも可能。(出典:weblio辞書)

PHP(ピーエッチピー)
意味:《Hypertext Preprocessorから》動的にウェブページを生成するためのスクリプト言語。(出典:weblio辞書)

Ruby(ルビー)
意味:オブジェクト指向プログラミングが可能なスクリプト言語の一。日本のまつもとゆきひろが開発したフリーソフトウエア。(出典:weblio辞書)

Flash(フラッシュ)
意味:Web上で配信可能なアニメーションやサウンドを駆使したリッチコンテンツを作成するためのソフトウェアのことである。または、同ソフトウェアによって作成されたコンテンツを指してFlashということもある。(出典:weblio辞書)

Perl(パール)
意味:ラリー・ウォールによって開発されたインタプリタ方式のプログラミング言語とその処理系の名称である。(出典:weblio辞書)

タイトルとURLをコピーしました