javaとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

java

「javaを学習しよう」などのように使う「java」という言葉。

「java」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「java」の意味や使い方や類語について、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

javaの意味

「java」には次の意味があります。

1995年にサン・マイクロシステムズ社が開発した、オブジェクト指向のプログラミング言語。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

「java」はプログラミング言語の一つで、多くの会社がサービスをつくるのに使用しています。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

javaはJVMを利用して動いている。

・大規模開発にjavaは向いている。

javaを学習するのは初心者には難しい。

類語

python
意味:イド・バン・ロッサム氏が開発したスクリプト言語。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

ruby
意味:1993年にまつもとゆきひろ氏が開発したオブジェクト指向のスクリプト言語。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

php
意味:ラスマス・ラードフ氏によって開発されたスクリプト言語。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

javascript
意味:ネットスケープ・コミュニケーションズ社が開発したスクリプト言語。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

perl
意味:ラリー・ウォール氏が開発したテキストファイルを処理するためのスクリプト言語。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

タイトルとURLをコピーしました