DXとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

DX

「部署のDX推進」などのように使う「DX」という言葉。

DXは「Digital Transformation」の頭文字です。
“Transformation” を英語では “X” と略します。

「DX」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「DX」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

DXの意味

「DX」には次の意味があります。

IT(情報技術)が社会のあらゆる領域に浸透することによってもたらされる変革。(出典:デジタル大辞泉)

DXは「デジタルトランスフォーメーション」の略語で、ITビジネスモデルや組織を変革すること
IT活用とは大きく意味が異なり、変革が伴うことがDXです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

DXの使い方・例文

DXの定義から、DXを進めるために意識すべきポイント、3社の具体的な実践例までをご紹介いたします。(出典:SELECK)

・人々の生活や社会に大きな変化が生まれるなか、注目を集めているのが「DX」という言葉です。
(出典:モンスター・ラボ DXブログ)

・経済産業省の『「DX 推進指標」とそのガイダンス』では、デジタルトランスフォーメーション(DX)を以下のとおり、定義しています。
(出典:営業ラボ)

・なぜデジタホームズクラウドルトランスフォーメーション(DX)が求められているのか?
(出典:ホームズクラウド)

類語

イノベーション (innovation)
意味:本来の意味は新しい方法,仕組み,習慣などを導入することをいい,〈新機軸〉〈革新〉と訳される。(出典:世界大百科事典 第2版)

変革(へんかく)
意味:変えて新しいものにすること。また、変わって新しいものになること。改革。(出典:デジタル大辞泉)

改革(かいかく)
意味:従来の制度などを改めてよりよいものにすること(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました