BANとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

BAN

「垢BAN」などのように使う「BAN」という言葉。

「BAN」はどのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「BAN」の意味や使い方や類語について、用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

BANの意味

「BAN」には次の意味があります。

BAN とは、SNSやオンライン配信サービス、オンラインゲームなどにおいて、運営者からユーザーアカウントを取り上げられ、サービスを利用できなくなることである。(出典:実用日本語表現辞典)

元々「BAN」は「禁止」を意味する英単語です。
日本では「アカウントの利用禁止」を意味することが多いです。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・アカウントをBANされた。

・チート行為で運営からBANされた。

・チーターがハードウェアBANされる。

・誤BANだったのでアカウントの利用が再開された。

・掲示板の悪質なユーザーがBANされた。

スポンサーリンク

類語

アカBAN(アカバン)
意味:俗に、ソーシャルメディアなどで、利用規約に反する利用者に対して、運営者がアカウント凍結の措置をとること。(出典:デジタル大辞泉)

禁止(きんし)
意味:ある行為を行わないように命令すること。(出典:デジタル大辞泉)

停止(ていし)
意味:さしとめること。(出典:デジタル大辞泉)

追放(ついほう)
意味:ある特定の共同体,団体,結社が秩序維持を目的として,組織の規律,規範の違反者を組織外に排除すること。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

オストラシズム
意味:紀元前5世紀にアテネなどで行われた「陶片追放」を意味する英語。ギリシア語ではオストラキスモスという。(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

タイトルとURLをコピーしました