ASAPとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

ASAP

「できるだけASAPで」などのように使う「ASAP」という言葉。

「ASAP」は、「エイ・エス・エイ・ピー」や「アサップ」や「エイサップ」と読みます。
「ASAP」 は「as soon as possible」の略です。

「ASAP」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「ASAP」の意味や使い方や類語について、、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

ASAPの意味

「ASAP」には次の意味があります。

できるだけ早く。ネットワーク上などでの略語として用いられる。(出典:大辞林 第三版)

日本のビジネスシーンでは「アサップ」ということが多いです。
くだけた表現なので、目上の人などに対して使うことは控えたほうがよいでしょう。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・先週言った企画書に誤りがあったのでASAPで修正よろしく。

・この課題にはできるだけASAPで取り掛からなければならない。

・締め切りが近いので、ASAPでお願い。

類語

・至急(しきゅう)
意味:非常に急ぐこと。大急ぎ。(出典:デジタル大辞泉)

・早急(さっきゅう)
意味:非常に急ぐこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

・迅速(じんそく)
意味:物事の進みぐあいや行動などが非常に速いこと。(出典:デジタル大辞泉)

・急ピッチ(きゅうぴっち)
意味:調子や進行が非常に速いこと。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました