鶏鳴狗盗とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

鶏鳴狗盗

「鶏鳴狗盗が邸宅に乗り込む」などのように使う「鶏鳴狗盗」という言葉。

「鶏鳴狗盗」は、音読みで「けいめいくとう」と読みます。

「鶏鳴狗盗」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「鶏鳴狗盗」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

鶏鳴狗盗の意味

「鶏鳴狗盗」には次の意味があります。

鶏(にわとり)の鳴きまねをして人を欺いたり、狗(いぬ)のように忍び込んで物を盗むことしかできない者の意で、つまらないことしかできない下賤(げせん)な者をいう。
(出典:日本大百科全書(ニッポニカ))

「鶏鳴」は「鶏が鳴くこと」、「狗盗」は「犬のように物を盗むこと」を意味します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・彼は僅に鶏鳴狗盗の雄たるに過ぎず(出典:鳥谷部春汀『老ハイデルベルヒ』)

・この新たに得た鶏鳴狗盗けいめいくとうを引きつれて早朝に宿を出たが
(出典:中里介山『大菩薩峠』)

類語

竹頭木屑(さしょう)
意味:竹の切れ端と木のくず。そのような細かなこと、小さなこともおろそかにしないたとえ。(出典:四字熟語を知る辞典)

タイトルとURLをコピーしました