駄作とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

駄作

「駄作を作る」などのように使う「駄作」という言葉。

「駄作」は、音読みで「ださく」と読みます。

「駄作」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「駄作」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

駄作の意味

「駄作」には次の意味があります。

出来の悪い作品。取るに足りない作品。(出典:デジタル大辞泉)

「この作品は駄作だ」のように使われます。自分が書いたものではない文章や、作ったものではない作品などの評価に使われます。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・多作して駄作を作らぬ方法として、私は探偵作家に合作をすすめたい。
(出典:坂口安吾 『探偵小説とは』)

・その癖いつも夢の中では駄作ではないやうに信じてゐる。
(出典:芥川竜之介 『夢』)

・煙草さえ吸えたら、あんな駄作揃いのアルバムを聞き続けたりはしなかったのに。
(出典:米澤穂信 『満願』)

・たとえどんな駄作でも、きっと後の糧となりますよ。
(出典:谷川流 『11 涼宮ハルヒの驚愕(後)』)

・あるいは駄作になるかも知れぬ。
(出典:夏目漱石 『作物の批評』)

類語

愚作(ぐさく
意味:つまらない作品。つたない作品。また、自分の作品をへりくだっていう語。
(出典:精選版 日本国語大辞典)

凡作(ぼんさく)
意味:平凡でつまらない作品。(出典:デジタル大辞泉)

没(ぼつ)
意味: 原稿や投書を採用しないこと。没書。(出典:精選版 日本国語大辞典)

拙作(せっさく)
意味:できばえの悪い作品。まずい製作。自分の作品をへりくだっていう語。
(出典:精選版 日本国語大辞典)

下作(げさく)
意味:出来の悪い作品。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました