首領とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

首領

「一族の首領に任命される」などのように使う「首領」という言葉。

「首領」は、音読みで「しゅりょう」と読みます。

「首領」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「首領」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

首領の意味

「首領」には次の意味があります。

一つの仲間の長。かしら。頭目。親分。(出典:デジタル大辞泉)

人の上に立つ頭(かしら)のことですが、現代では主に悪人の仲間の長を指すことが多いです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・そして、首領が先見しなかったことは存在の理由がないことになるのだ。
(出典:クロポトキン・ピョートル・アレクセーヴィチ『革命の研究』)

・いま、やつらはきっと首領のところに行こうとしているにちがいない。
(出典:シムノン/長島良三訳『メグレと殺人者たち』)

・そうして男の動きを完全に封じておいて、首領は声を張りあげたのだった。
(出典:茅田砂胡『デルフィニア戦記 第2巻 「黄金の戦女神」』)

・そういう人にとって、寺というのは的の首領に見えるんでしょうね。
(出典:小野不由美『屍鬼(上)』)

・暴徒どもは首領のまわりに集まっていたが、急に馬からおりはじめた。
(出典:プーシキン/高橋包子訳『スペードの女王・大尉の娘』)

類語

長(おさ)
意味:多くの人の上に立ち、統率する人。(出典:デジタル大辞泉)

頭(かしら)
意味:一団の人々を統率する人。(出典:デジタル大辞泉)

大将(たいしょう)
意味:一つの集団の中のかしら。(出典:デジタル大辞泉)

親分(おやぶん)
意味:かしらとして上に立て、皆が親のように頼りにする人。(出典:精選版 日本国語大辞典)

ドン
意味:首領。ボス。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました