頭を抱えるとは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

頭を抱える

「急な方針転換に頭を抱える」などのように使う「頭を抱える」という言葉。

「頭を抱える」は、「あたまをかかえる」と読みます。

「頭を抱える」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「頭を抱える」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

頭を抱えるの意味

「頭を抱える」には次の意味があります。

どうしたらよいかわからないで頭を両手でかかえる。非常に困る。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「頭を抱える」をわかりやすく言うと、考えがまとまらなかったり気がかりだったりして悩むという意味をもつ慣用句になります。どうすればよいか迷い、とても困る様子などもあらわす言葉です。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・天才児と呼ばれるほどの傑物ではなかったが、どうにも勉強が苦手でならないと頭を抱えるほどでもなかった。
(出典:米澤穂信『古典部シリーズ4 遠まわりする雛』)

・群衆の中にメイド服の少女が混ざっている事に気づくと、こちらも一緒に頭を抱える
(出典:鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第15巻』)

・どうあっても三人が無事に戻ってこられる姿を思い浮かべずに、尚更頭を抱える羽目になった。
(出典:事務狂『fate/stay night 月姫 (TYPE-MOONクロスオーバーの最高峰、文庫5~6巻のボリューム)』)

・今は首をひねり頭を抱える丸海の民も、次第にうなずくようになるだろう。
(出典:宮部みゆき『孤宿の人 (下)』)

・後日それが錯覚でなかったことにその人物たちは頭を抱えることとなる。
(出典:九条公人『逆行EVA劇場その7』)

類語

あっぷあっぷ
意味:物事がうまくいかないでひどく苦しんでいるさま。(出典:デジタル大辞泉)

一杯一杯いっぱいいっぱい
意味:少しの余裕もないさま。(出典:デジタル大辞泉)

悲鳴を上げるひめいをあげる
意味:困り果てる。また、困り果てて、他に助けを求める。弱気なことをいう。(出典:精選版 日本国語大辞典)

頭が痛いあたまがいたい
意味:解決のむずかしい問題などで、心配したり悩んだりするさま。(出典:デジタル大辞泉)

困惑こんわく
意味:どうしてよいかわからなくて、とまどうこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました