電池とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

電池

「電池を新しく替える」などのように使う「電池」という言葉。

「電池」は、音読みで「でんち」と読みます。

「電池」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「電池」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

電池の意味

「電池」には次の意味があります。

電気エネルギーを化学的に蓄え,放出する装置。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

「電気エネルギーを、私たちの身近なものに役立てるために蓄えてくれる装置」と捉えたらわかりやすいです。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・どこへでも持っていけるよう、彼女はいつもラジオは電池で聞いていた。
(出典:片岡義男『エルヴィスから始まった』)

・三つともいっぺんに使って、電池がきれてしまってはたいへんだからね。
(出典:江戸川乱歩『妖怪博士』)

・それとも太陽の電池がきれて、それで月が消えてしまったのだろうか。
(出典:阿刀田高『自選恐怖小説集 心の旅路』)

・そこからのぞくと、電池の力で動く写真が見られる仕組みになっていた。
(出典:難波利三『小説吉本興業』)

・しかも驚いたことは、その電池部分にタイマーがセットされていたことだ。
(出典:中川靖造『海軍技術研究所』)

類語

バッテリー
意味:蓄電池。(出典:デジタル大辞泉)

乾電池かんでんち
意味:手軽に電源を得るために,取り扱いを容易にして持ち運びもできるようにした電池。(出典:百科事典マイペディア)

蓄電池ちくでんち
意味:放電後に再び充電して反復使用できる化学電池で、二次電池ともいう。(出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典)

コンデンサー
意味:二つの導体を絶縁して向かい合わせ、電圧を加えて電気を蓄える装置。(出典:デジタル大辞泉)

真空管しんくうかん
意味:内部を真空にして、電極を封入した中空の管のこと。(出典:ASCII.jpデジタル用語辞典)

タイトルとURLをコピーしました