集会とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

集会

「集会に出席する」などのように使う「集会」という言葉。

「集会」は、音読みで「しゅうかい」と読みます。

「集会」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「集会」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

集会の意味

「集会」には次の意味があります。

・多くの人が、共同の目的のために一定の時に、一定の場所に集まること。また、一定の場所に集めること。また、その集まり。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「集会」とは、何かの目的のために人が集うことを言います。定期的に開催されるものや、臨時で開催されるものがあります。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・ついでに今まで遠慮していたあちこちの集会へも顔を出して見たかった。
(出典:大杉栄『日本脱出記』)

・研修という言葉はあまり好きでないが、集会にはたしかに適当なようだ。
(出典:星新一『きまぐれ暦』)

・内村は自分の信仰を語ったが、彼はそれっきり集会に顔を見せなかった。
(出典:山田風太郎『ラスプーチンが来た 山田風太郎明治小説全集11』)

・ここは村の青年の集会所のようになっていて、彼等の話をきくのが楽しい。
(出典:山口瞳『酒呑みの自己弁護』)

・それはそれとして、毎月、第二水曜日は各委員会の集会日となっている。
(出典:入間人間『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 3 死の礎は生』)

類語

・会合(かいごう)
意味:相談・討議などのために人が寄り集まること。また、その集まり。(出典:デジタル大辞泉)

・寄り合い(よりあい)
意味:人が集まること。ある目的をもって集まること。また、その集まり。(出典:デジタル大辞泉)

・ミーティング
意味:比較的少人数の集会。(出典:デジタル大辞泉)

・座談会(ざだんかい)
意味:数人が集まり、ある問題を中心に、それぞれの意見などを気楽に話し合う会。(出典:デジタル大辞泉)

・協議(きょうぎ)
意味:集まって相談すること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました