関心とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

関心

「転校生に関心を示す」などのように使う「関心」という言葉。

「関心」は、音読みで「かんしん」と読みます。

「関心」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「関心」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

関心の意味

「関心」には次の意味があります。

ある物事に特に心を引かれ、注意を向けること。(出典:デジタル大辞泉)

「転校生に関心を示す」は、「転校生のことが気になって興味を示す」という意味です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・はっきりと言えば、僕はいま、政治よりも教育のほうに関心を持っているのです。
(出典:太宰治『惜別』)

・弁論部に関心がなかったと同様、文芸部にも興味がなかった。
(出典:三木清『読書遍歴』)

・彼は自分の妹について、ほとんど無関心のような態度を見せた。
(出典:佐左木俊郎『恐怖城』)

・音楽学校は各国の音楽に向って関心を示し始めた。
(出典:宮本百合子『今日の日本の文化問題』)

・あたりまえに見えていたものが、いったんふしぎになるとすべてのものが新たな関心を呼んだ。
(出典:三浦綾子『塩狩峠』)

類語

興味(きょうみ)
意味:ある対象に対する特別の関心。(出典:デジタル大辞泉)

注目(ちゅうもく)
意味:関心をもって見守ること。(出典:デジタル大辞泉)

好奇心(こうきしん)
意味:珍しいことや未知のことなどに興味をもつ心。(出典:デジタル大辞泉)

意識(いしき)
意味:物事や状態に気づくこと。はっきり知ること。また、気にかけること。(出典:デジタル大辞泉)

注意(ちゅうい)
意味:あることに特に気をつけること。心をくばること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました