鏡餅とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

鏡餅

「鏡餅を置く」などのように使う「鏡餅」という言葉。

「鏡餅」は、訓読みで「かがみもち」と読みます。

「鏡餅」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「鏡餅」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

鏡餅の意味

「鏡餅」には次の意味があります。

平たく円形に作った餅。大小2個をひと重ねにし、正月や祝いのとき、神仏に供える。(出典:デジタル大辞泉)

一年の無病息災を願い、年神様の力を与えてもらうことを意味します。また一年の豊作を願って新しい門出を祝うという意味もあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

鏡餅が狸になったみたいな顔しててね、どう見ても男じゃないんだ。
(出典:橋本治『その後の仁義なき桃尻娘 桃尻娘2』)

・見れば教室の隅には鏡餅のようなシルエットの男子がいた。
(出典:奈須きのこ『歌月十夜 1 本編』)

・兄が頤おとがひで示した前の方の根太板ねだいたの上に、正月の鏡餅おかざりの様に白い或物が載のつて居る。
(出典:与謝野寛『蓬生』)

・月見の宴でお餅もちを盛ったり、正月に鏡餅を載せたりする、あの三方である。
(出典:井沢元彦『GEN 源氏物語 秘録』)

・その晩には仮宮の前へ、誰がするともなく、おびただしい鏡餅の供え物です。
(出典:中里介山『大菩薩峠』)

類語

供え餅そなえもち
意味:神仏に供える鏡餅(かがみもち)。(出典:デジタル大辞泉)

具足餅ぐそくもち
意味:武家で、正月に鎧(よろい)や兜(かぶと)を飾って、その前に供えた鏡餅。(出典:デジタル大辞泉)

丸餅まるもち
意味:まるい形にととのえた餅。(出典:デジタル大辞泉)

重ね餅かさねもち
意味:大小二つ重ねにした餅。(出典:デジタル大辞泉)

御飾りおかざり
意味:神仏の前の飾りつけ、または供え物。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました