酩酊とは?意味や使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

酩酊

「めいてい」と読みます。

「酩酊している」などと使われる「酩酊」という言葉。

お酒の席で「酩酊」という言葉を耳にすることがありますが、具体的にどのような意味なのでしょう?

この記事では「酩酊」の意味や使い方について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

酩酊の意味

「酩酊」には次の意味があります。

飲酒などによってひどく酔うこと。(出典:大辞林 第三版)

「酩酊」は、お酒などのアルコール類を飲酒して、ひどく酔っぱらってしまうことを表します。
また、軽い意識障害などの精神身体変化を表したりします。

具体的な意味や例文は下記の通りです。

使い方・例文

・飲んでいるうちに意識が酩酊してきて、体から力が抜けてくる。
(出典:桜庭一樹『赤×ピンク』)

・酒の量がある線を超えたら、完全に酩酊して意識がなくなるのはわかってたんだ。
(出典:馳星周『生誕祭(上)』)

・全員茹だったような顔になり、思考力は半減し、一種の酩酊状態に陥る。
(出典:東海林さだお『タコの丸かじり』)

・息子さんが墜落時にかなりの酩酊状態であったことは確かです
(出典:貫井徳郎『天使の屍』)

・池見は毎晩大酒を飲む習慣で、四日の夜も酩酊状態にあったという。
(出典:夏樹静子『死刑台のロープウェイ』)

・アルコールで酩酊していた状態で、海に落ちた線が濃厚だと言った。
(出典:池上永一『レキオス』)

タイトルとURLをコピーしました