配車とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

配車

「配車依頼」などのように使う「配車」という言葉。

「配車」は、音読みで「はいしゃ」と読みます。

「配車」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「配車」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

配車の意味

「配車」には次の意味があります。

必要に応じて、車を割り当てて差し向けること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「タクシーの配車業務」で「タクシーの割り当て業務」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・だから、六時に会社の地下駐車場の配車係のところに立っていてくれないか。
(出典:半村良『楽園伝説』)

・そこで、調査のために配車係の梅村主任が現地に派遣されたという次第であった。
(出典:松本清張『事故 別冊黒い画集1』)

・いつも使っているハイヤー会社に電話をしてみたが、急なことなのですぐには配車できないと言われた。
(出典:森瑤子『非常識の美学』)

・さては、配車センターでホバージープの点検に手ぬかりがあったのだな?
(出典:ロバート・アスプリン,P・J・ヘック『銀河おさわがせアンドロイド』)

・かなり時間がかかる、と配車係の人は言っている。
(出典:喜多嶋隆『8月のカモメたち』)

類語

配船(はいせん)
意味:必要に応じて船舶を港に配置し、就航させること。(出典:デジタル大辞泉)

出車(しゅっしゃ)
意味:車を出すこと。発車。(出典:精選版 日本国語大辞典)

配分(はいぶん)
意味:割り当てて配ること。(出典:デジタル大辞泉)

配慮(はいりょ)
意味:心をくばること。心づかい。(出典:デジタル大辞泉)

配属(はいぞく)
意味:割り当ててそれぞれの部署に定めること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました