選定とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

選定

「業者の選定」などのように使う「選定」という言葉。

「選定」は、音読みで「せんてい」と読みます。

「選定」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「選定」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

選定の意味

「選定」には次の意味があります。

多くの中から目的・条件などに合うものを選び定めること。(出典:デジタル大辞泉)

その後にしたり、作用する事を前提にグループの中から選び、それに決める事を表します。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・それらの事情から祐慶もかれを選定することになったのかも知れません。
(出典:岡本綺堂『青蛙堂鬼談』)

・そうならぬように、充分なルートの選定を行なわなければならない。
(出典:谷甲州『惑星CB-8越冬隊』)

・ノロの選定はその家の女の中から資質の優れた者が継ぐことになっている。
(出典:池上永一『レキオス』)

・おそらくだが、友人になってみたい人間を選定したのではないか。
(出典:谷川流『電撃!!イージス5 第2巻』)

・江戸の選定も家康の智恵ではなくて秀吉のすすめであったと云われている。
(出典:坂口安吾『安吾の新日本地理』)

類語

選択(せんたく)
意味:多くのものの中から、よいもの、目的にかなうものなどを選ぶこと。(出典:デジタル大辞泉)

選ぶ(えらぶ)
意味:多くの中から目的や基準にかなうものを取り出す。(出典:デジタル大辞泉)

好き好む(すきこのむ)
意味:特に好む。とりわけ好きになる。(出典:デジタル大辞泉)

採択(さいたく)
意味:いくつかあるものの中から選んで取り上げること。(出典:デジタル大辞泉)

選別(せんべつ)
意味:選び分けること。より分けること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました