適性とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

適性

「適性に欠ける」などのように使う「適性」という言葉。

「適性」は、音読みで「てきせい」と読みます。

「適性」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「適性」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

適性の意味

「適性」には次の意味があります。

性格や性質が、その物事に適していること。また、その性格や性質。(出典:デジタル大辞泉)

「適性」をわかりやすく言うと「性格や性質がそれに合っていること」または「それに合っている性格や性質」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・将校としての適性の有無を慎重に判断しなければならないからだそうだ。
(出典:眉村卓『不定期エスパー4』)

・知らない間に観察されてて、おれは適性ありって判断されたらしい。
(出典:福井晴敏『川の深さは』)

・それから、闇祓い本部で、一連の厳しい性格・適性テストがあります。
(出典:ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 5 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(下)』)

・どんなに弱いチームであっても個々の人間には適性があるはずだと考えている。
(出典:山口瞳『草野球必勝法』)

・知らないことの中には、自分の適性や趣味に合ったことが隠れているかもしれない。
(出典:歌野晶午『葉桜の季節に君を想うということ』)

スポンサーリンク

類語

相性(あいしょう)
意味:男女、主従、友人などの間において、相互の性格が合うこと。本来は、陰陽五行説で、人の生まれ年を五行にあて、木と火、火と土、土と金、金と水、水と木は、その性が合うとして、男女の縁組を定めたことから出たもの。(出典:精選版 日本国語大辞典)

肌合い(はだあい)
意味:人の物腰などから受ける感じ。また、人の気性・性質。(出典:デジタル大辞泉)

好き嫌い(すききらい)
意味:好きなことと、嫌いなこと。また、えりごのみ。(出典:デジタル大辞泉)

親和性(しんわせい)
意味:物事を組み合わせたときの、相性のよさ。結びつきやすい性質。(出典:デジタル大辞泉)

相称(あいしょう)
意味:互いにつりあうこと。等しいこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました