遡及とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

遡及

「遡及を行う」などのように使う「遡及」という言葉。

「遡及」は、音読みで「そきゅう」と読みます。

「遡及」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「遡及」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

遡及の意味

「遡及」には次の意味があります。

過去にさかのぼって影響・効力を及ぼすこと。(出典:デジタル大辞泉)

特定の時間や時期に戻り、その影響や効力をもたらすことを意味します。

遡及は本来「そきゅう」と呼びますが、「さっきゅう」と呼ぶところもあります。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・急いでグリフォンは、簡単な遡及そきゅうのわざがおこなえるよう準備しはじめた。
(出典:)

・ベル・ダウ山脈のどこからしいが、髪の毛ではあまりはっきりした遡及の効果は得られない。
(出典:小沢淳『ムーン・ファイアー・ストーン4 月光の宝珠』)

・康臣は時を遡及したかったのではないか。
(出典:篠田節子『カノン』)

・事実経過を無限に遡及することはできないから、ここでは少くとも次の諸点を観察するにとどめよう。
(出典:五味川純平『御前会議』)

・POUMの弾圧は、どうも過去へさかのぼる遡及的効力を持っているらしい。
(出典:オーウェル/高畠文夫訳『カタロニア讃歌』)

類語

遡るさかのぼる
意味:物事の過去や根本にたちかえる。(出典:デジタル大辞泉)

遡上そじょう
意味:流れをさかのぼっていくこと。(出典:デジタル大辞泉)

プレーバック
意味: 振り返ること。回顧すること。(出典:デジタル大辞泉)

想起そうき
意味:以前にあったことなどをおもいおこすこと。(出典:デジタル大辞泉)

思い起こすおもいおこす
意味:思い出す。想起する。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました