過渡期とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

過渡期

「過渡期をむかえる」などのように使う「過渡期」という言葉。

「過渡期」は、音読みで「かとき」と読みます。

「過渡期」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「過渡期」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

過渡期の意味

「過渡期」には次の意味があります。

古いものから新しいものへと移り変わる中間の時期。また、物事が確立されず、動揺している時期。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「過渡期」とはつまり、「物事が古いものから新しいものへ変化していく期間」という意味です。

具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・この大不況は資本主義が新たな段階を迎えるための過渡期と理解されている。
(出典:酒井健『バタイユ入門』)

過渡期には、あなた方はただカデイだけを豐富に手に入れ得るに過ぎない。
(出典:福永渙『印度の婦人へ』)

・少なくとも過渡期においては、理念というものの位置は低くなるのではないか。
(出典:片岡義男『日本語の外へ(下)』)

・これらの人々は、男でも女でも、皆、或る過渡期に面してゐるらしいのですね。
(出典:リルケ・ライネル・マリア『巴里の手紙』)

・唯だ英国の現代の婦人は日本の婦人よりも更に切迫した過渡期に遭遇して居る。
(出典:与謝野寛『巴里より』)

類語

転換期(てんかんき)
意味:物事のうつりかわる時期。変遷する時期。(出典:精選版 日本国語大辞典)

端境期(はざかいき)
意味:端境の時期。また一般に、ものごとの入れ替わりの時期。(出典:精選版 日本国語大辞典)

移行(いこう)
意味:ある状態から他の状態へ移って行くこと。うつりゆき。(出典:精選版 日本国語大辞典)

変移(へんい)
意味:移り変わること。移し変えること。変遷。推移。(出典:精選版 日本国語大辞典)

生生流転(しょうじょうるてん/せいせいるてん)
意味:万物が限りなく生まれ変わり死に変わって、いつまでも変化しつづけること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました