速攻とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

速攻

「速攻で攻撃する」などのように使う「速攻」という言葉。

「速攻」は、音読みで「そっこう」と読みます。

「速攻」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「速攻」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

速攻の意味

「速攻」には次の意味があります。

競技や戦争などで、相手をすばやく攻めたてること。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「速攻」をわかりやすく言うと、漢字の通り「速く攻めること」という意味になります。

転じて「速攻」は攻めることに限らず「何かをすぐに行うこと」を意味する場合もあります。
この意味では「速攻逃げる」や「速攻で食べる」などのように使います。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・向こうは速攻を狙っているわけだし、もっと戦力を投入して然しかるべきだ。
(出典:井上堅二『バカとテストと召喚獣 4』)

・それならば先の先で持って人間ではまず応じられない速攻を仕掛けるまでの事。
(出典:奈須きのこ『歌月十夜-56 怪盗淑女』)

・たしかに、イギリスを基地とする速攻作戦が健康であることには、同感だ。
(出典:児島襄『指揮官』)

速攻にならない場合は、外でボールを回さずに、もっと積極的に中にはいってく。
(出典:川島誠『セカンド・ショット』)

・サンプルが早く回ってきたから、速攻で調べて持ってきてあげたの。
(出典:椹野道流『鬼籍通覧1 暁天の星』)

スポンサーリンク

類語

急襲(きゅうしゅう)
意味:急に相手におそいかかること。敵のすきをついておそうこと。(出典:精選版 日本国語大辞典)

強攻(きょうこう)
意味:損害や危険を覚悟で強引に攻めること。(出典:デジタル大辞泉)

電撃(でんげき)
意味:電光のように、すばやく攻撃すること。(出典:ジタル大辞泉)

奇襲(きしゅう)
意味:思いがけない方法を用い、あるいは、不意をついて敵を襲撃すること。不意打ち。(出典:精選版 日本国語大辞典)

攻勢(こうせい)
意味:攻めかかる勢い。攻撃の体勢(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました