課税とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

課税

「所得に対して課税する」などのように使う「課税」という言葉。

「課税」は、音読みで「かぜい」と読みます。

「課税」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「課税」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

課税の意味

「課税」には次の意味があります。

租税を割り当てること。また、割り当てた租税。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「課税」をわかりやすく言うと「税金をかけること」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・一定の地価を決め、これに適当な率の課税を考えたのであった。
(出典:松本清張『象徴の設計 新装版』)

・新しい課税方法を考え出さなければならなかった。
(出典:パール・バック/大久保康雄訳『大地(2部)』)

・よって、子供が好きそうなものに課税されるのが学園都市の暗黙の了解だった。
(出典:鎌池和馬『とある魔術の禁書目録 第12巻』)

・もし輸入毛織布もまた課税されるならば毛織布は再び国内において製造されるであろう。
(出典:リカード・デイヴィッド『経済学及び課税の諸原理』)

・塩に関する課税はパルミラにおいてもその他の地方においてもアス単位で評価される。
(出典:酒井傳六『古代女王ものがたり』)

スポンサーリンク

類語

公租(こうそ)
意味:国や地方公共団体といった公が徴収する税。(出典:実用日本語表現辞典)

徴税(ちょうぜい)
意味:税金を取り立てること。(出典:デジタル大辞泉)

税金(ぜいきん)
意味:国または地方公共団体に租税として納付する金銭。 (出典:デジタル大辞泉)

収税(しゅうぜい)
意味:税金を取り立てること。(出典:デジタル大辞泉)

賦課(ふか)
意味:租税などを割り当てて負担させること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました