花天月地とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

花天月地

「今夜は花天月地できれいね」などのように使う「花天月地」という言葉。

「花天月地」は、「かてんげっち」と読みます。

「花天月地」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「花天月地」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介して、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

花天月地の意味

「花天月地」には次の意味があります。

花は梢に咲き満ち、月は明々と地を照らす風景。美しい春の月夜の形容。(出典:精選版 日本国語大辞典)

花がいっぱいに咲き乱れ、そこを月明かりが照らしている春の美しい風景を表した四字熟語です。

小説などでの具体的な使い方や類語は下記の通り。

使い方・例文

・春になると、ここは花天月地でとてもキレイですよ。

・観光パンフレットに、あそこは花天月地で美しいと紹介されていた。

花天月地の中の夜の散歩は気持ちいい。

・お互い仕事で忙しい2人の思い出は、いつも花天月地の中だった。

花天月地を眺めながら食事をいただきましょう。

類語

柳は緑花は紅(やなぎはみどりはなはくれない)
意味:春の美しい景色を形容する言葉。(出典:精選版 日本国語大辞典)

朧月(おぼろづき)
意味:春の夜の、ほのかにかすんだ月。かすんで光の薄い月。(出典:精選版 日本国語大辞典)

清風明月(せいふうめいげつ)
意味:清らかな涼しい風と、明るく美しい月。転じて、美しい自然や明るく清らかな夜、風雅の遊びなどのたとえ。(出典:四字熟語を知る辞典)

春風駘蕩(しゅんぷうたいとう)
意味:春の風ののどかに吹くさま。また、人の態度や性格、その場の雰囲気などがのんびりとして温和なさまのたとえ。(出典:精選版 日本国語大辞典)

柳暗花明(りゅうあんかめい)
意味:柳が茂ってほの暗く、花が咲いて明るいこと。春の野の美しい景色にいう。(出典:精選版 日本国語大辞典)

タイトルとURLをコピーしました