美徳とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

美徳

「美徳の一つ」などのように使う「美徳」という言葉。

「美徳」は、音読みで「びとく」と読みます。

「美徳」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「美徳」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

美徳の意味

「美徳」には次の意味があります。

うつくしい徳性。道徳にかなった立派な行ない。また、よい心。(出典:精選版 日本国語大辞典)

「美徳の一つ」は「複数備えている良い点のうちの一つ」という意味になります。
また、「美徳」の対義語は悪徳です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・すべての混乱期がそうであるように、そこには多くの美徳と悪徳がある。 
(出典:亀井勝一郎『青春論』)

・これは、どんな名指揮者にもいつもみられるとは限らない美徳である。
(出典:吉田秀和『世界の指揮者』)

・正直は美徳ではあるが、これでは用心棒より上の地位にはいけないだろう。
(出典:田中芳樹『薬師寺涼子の怪奇事件簿05 黒蜘蛛島』)

・こうした柔軟性が許容されていたのが、かつての大学病院の美徳の一つだった。
(出典:海堂尊『チーム・バチスタの栄光(下)』)

・勤勉な誠実なそれらのりっぱな労働者らは皆、多くの美徳をもっていた。
(出典:ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』)

スポンサーリンク

類語

仁徳じんとく・にんとく
意味:他人に対する思いやりの心。(出典:デジタル大辞泉)

遺徳いとく
意味: 後世に残された徳。 (出典:精選版 日本国語大辞典)

徳義とくぎ
意味:人として守るべき道徳上の義務。(出典:デジタル大辞泉)

品性ひんせい
意味:道徳的基準から見た、その人の性質。人格。(出典:デジタル大辞泉)

風格ふうかく
意味:その人の容姿や態度などに現れる品格。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました