羊頭狗肉とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

羊頭狗肉

「羊頭を掲げて狗肉を売る」などのように使う「羊頭狗肉 」という言葉。

「羊頭狗肉」は、音読みで「ようとうくにく」と読みます。

「羊頭狗肉」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「羊頭狗肉」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

羊頭狗肉の意味

「羊頭狗肉」には次の意味があります。

「ようとう(羊頭)をかかげて狗肉を売る」の略から、 表面と内容とがくいちがうこと。
(出典:精選版 日本国語大辞典)

「羊頭」は「羊の頭」、「狗肉」は「犬の肉」を意味する二字熟語です。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

羊頭狗肉ではないつもりだ。(出典:太宰治『老ハイデルベルヒ』)

羊頭狗肉、実に油断のならない世の中です。
(出典:佐々木邦『親鳥子鳥』)

類語

詐称(さしょう)
意味:氏名・住所・職業などをいつわっていうこと。(出典:デジタル大辞泉)

荒稼ぎ(あらかせぎ)
意味:手段を選ばないで、一度に大金を稼ぐこと。(出典:デジタル大辞泉)

あぶく銭(あぶくぜに)
意味:労せずして、また不当に得た金。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました