編成とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

編成

「予算編成」などのように使う「編成」という言葉。

「編成」は、音読みで「へんせい」と読みます。

「編成」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「編成」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

編成の意味

「編成」には次の意味があります。

・個々のものを集めて組織的なまとまりとすること。(出典:デジタル大辞泉)

「編成」の「編」は組み合わせてまとまった形に仕立てることを意味し、「成」はなしとげる、つくりあげることを意味するため、「編成」は「小さな個々を組み合わせてまとまった形に作り上げること」を指す言葉で、電車や予算、番組などに使います。

具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・この戦略から、四六年三月に戦略空軍が大統領命令によって編成された。
(出典:松本清張『日本の黒い霧(下)』)

・これはベートーヴェンとしては第九番以外ではいちばん大きい編成です。
(出典:柴田南雄『クラシック名曲案内ベスト151』)

・書き物の構成が、第一章から最終章へと展開する編成にはなっていない。
(出典:今村仁司『「大菩薩峠」を読む ―峠の旅人』)

・そうこうしているうちに、アラスで徴兵部隊が編成されることになった。
(出典:ヴィドック/三宅一郎訳『ヴィドック回想録(1)』)

・美由紀が乗っていたのは十数両編成の貨物列車の最後尾だとわかった。
(出典:松岡圭祐『千里眼 ミッドタウンタワーの迷宮』)

類語

・構成(こうせい)
意味:いくつかの要素を一つのまとまりのあるものに組み立てること。また、組み立てたもの。(出典:デジタル大辞泉)

・構造(こうぞう)
意味:一つのものを作り上げている部分部分の材料の組み合わせ方。また、そのようにして組み合わせてできたもの。仕組み。(出典:デジタル大辞泉)

・体制(たいせい)
意味:各部分が統一的に組織されて一つの全体を形づくっている状態。(出典:デジタル大辞泉)

・組織(そしき)
意味:組み立てること。組み立てられたもの。(出典:デジタル大辞泉)

・オーガナイゼーション(おーがないぜーしょん)
意味:組織。機構。機関。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました