緊急とは?意味、類語、使い方・例文をわかりやすく解説

スポンサーリンク

緊急

「緊急事態宣言」などのように使う「緊急」という言葉。

「緊急」は、音読みで「きんきゅう」と読みます。

「緊急」とは、どのような意味の言葉でしょうか?

この記事では「緊急」の意味や使い方や類語について、小説などの用例を紹介しながら、わかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

緊急の意味

「緊急」には次の意味があります。

重大で即座に対応しなければならないこと。また、そのさま。(出典:デジタル大辞泉)

「緊急」をわかりやすく言うと「重大なことが発生し、その対応を急ぐ必要のあること」という意味になります。

小説などでの具体的な使い方・例文や類語は下記の通り。

使い方・例文

・私は緊急の手段として、包みの上に自分の名前を貼りつけることにした。
(出典:林真理子『最終便に間に合えば』)

・どこかに住む場所をきめることが伸子にとって緊急の必要になって来た。
(出典:宮本百合子『道標』)

・それに時間を止めていいほど緊急なことではないような気がする。
(出典:池澤夏樹『キップをなくして』)

・彼女の父親は、よほど緊急の用がない限り仕事中の娘に電話をかけたりしない。
(出典:宮部みゆき『名もなき毒』)

・船を安定した状態に保つためには、再び緊急に帆を変えなければならない。
(出典:ヴェルヌ/土井寛之,荒川浩充訳『少年船長の冒険』)

スポンサーリンク

類語

大至急(だいしきゅう)
意味:たいへん急を要すること。大急ぎ。(出典:デジタル大辞泉)

切羽(せっぱ)
意味:差し迫っていること。また、その場面。急場。どたん場。(出典:デジタル大辞泉)

非常時(ひじょうじ)
意味:非常の事態が起こった時。(出典:デジタル大辞泉)

急場(きゅうば)
意味:差し迫って、すぐに処置しなければならない場合。(出典:デジタル大辞泉)

危急(ききゅう)
意味:危険・災難がさし迫っていること。(出典:デジタル大辞泉)

タイトルとURLをコピーしました